初心者向け

TOEICを1ヶ月で初心者がスコアアップする勉強方法は?簡単な方法を解説!

おすすめ

疑問

「TOEIC初心者だけど1ヶ月でスコアアップを目指したい!」

「TOEIC初心者が1ヶ月でスコアアップを目指す勉強法は?」

 

TOEIC向けの勉強を始めようとしている中で、あなたはこんなことを思っているのではないでしょうか!?

 

1ヶ月という限られた期間の中で、スコアアップする方法を知りたいですよね!

 

ゆうさく
まず結論からお伝えすると、1ヶ月というかなり短い時間なので、「単語」と「文法」の勉強に注力することが大事です!
TOEICはリスニングとリーディングの試験だけど、単語と文法だけでいいの?
えいこ
ゆうさく
TOEICの初心者ということであれば、基礎を身に付けることでも十分にスコアアップが見込めるから大丈夫だよ!
単語と文法ね!どうやって勉強をすればいいの?
えいこ
ゆうさく
じゃあこれから、単語と文法を勉強する理由と勉強方法について解説をしていくね!

初めまして!英語が苦手でTOEICスコアは305点でしたが、790点に到達した「ゆうさく」と言います!

 

2017年3月12日TOEIC試験結果

元々は305点です!

 

2019年7月28日のTOEIC試験結果

790点に到達しました!

 

ゆうさく
ちなみに、僕が305点から790点へ到達するのにかかった期間や利用した教材についてはこちらの記事で解説をしていますので、良かったら参考にして下さいね!

 

勉強3
TOEIC305点から790点の僕が「利用した教材」と「具体的な進め方」

疑問 「実際にスコアアップをした人は何の教材で勉強をしているの?」 「スコアアップをするためには何を勉強すればいいの?」   TOEICのスコアアップをしたいと思っている中で、あなたはこんな ...

続きを見る

 

ゆうさく
ではこれから、TOEIC初心者が単語と文法を勉強する理由と勉強方法について解説をしていきたいと思います!


TOEICを1ヶ月で初心者がスコアアップする勉強方法

先ほどもお伝えした通り、TOEIC初心者の人が1ヶ月でスコアアップをするためには、「単語」と「文法」の勉強に注力をすることです

 

TOEIC試験はリスニングとリーディングの試験であるため、どうしてもリスニングとリーディングの勉強をしたくなるのですが、初心者の人であれば、これらの勉強は不要です

 

ゆうさく
1ヶ月でスコアアップを目指すには単語と文法の勉強に集中した方が、確実にスコアアップが目指せます。

 

そもそも、1ヶ月という期間がなくても、TOEICの正しい勉強方法は、単語と文法を身に付けてからリスニングとリーディングの勉強をします。

 

TOEIC試験自体が、単語と文法を身に付けてからリスニングとリーディングなので、単語と文法を先に勉強をすることが正しい勉強方法になります。

 

そもそもが単語と文法を勉強することが一番最初に勉強をすることなのね!だけど、なぜ単語と文法の勉強を先にするの?
えいこ
ゆうさく
じゃあこれから解説をしていくね!

 

単語と文法を先に勉強する理由

TOEICはリスニングとリーディングの勉強を先にした方が、TOEIC初心者の人が1ヶ月でスコアアップができそうな気がしますが、決してそうではありません。

 

ゆうさく
TOEIC初心者の人がいきなりリスニングとリーディングの勉強を先にしても、1ヶ月という短期間では全くスコアは伸びません。

 

参考まで、TOEIC初心者の人が、1ヶ月間の短い期間でリスニングとリーディングの勉強をした場合について説明をしたいと思います。

 

リスニングとリーディングの勉強は、

「ディクテーション」

「精読」

が最大に効果を引き出せる勉強法なので、この2つの勉強をした場合で解説をしたいと思います。

 

参考

「ディクテーションは英文を聞いて書き取りをする勉強」

「精読は英文を読んで正しく訳す勉強」

 

ではTOEIC初心者の人が以下の英文でディクテーションと精読をした場合で考えてみたいと思います。

 

「An organizing committee was assembled to arrange a farewell party for john , who is to retire in May.」

 

いきなりリスニングとリーディングの勉強を始めると、このような英文を聞いたり読んだりする必要があります。

 

ゆうさく
もし、この英文を見てすんなりと意味が訳せるということであれば、最初からリスニングとリーディングの勉強をしていいのですが、多くの人は訳すことが難しいのではないでしょうか?

 

いきなりこの英文を利用してディクテーションと精読の勉強をしたとしても、そもそも全く聞き取ることができないですし、訳すこともできません

 

ゆうさく
聞き取りも訳すこともできないため、直ぐに答えを見るだけの繰り返しになってしまうんですよね!
確かに、答えをすぐ見るだけね!
えいこ
ゆうさく
直ぐに答えを見るだけの繰り返しでは全く勉強にならないんですよね!

 

ある程度、単語の知識を入れるからこそ、英文が聞こえるようになり、そして、英文を訳すことができるようになる訳です。

 

ある程度英文が聞こえて訳すことができるようになるからこそ、繰り返すことで、難しい英文も聞こえるようになり訳せるようになります。

 

ゆうさく
なので、基礎を身に付けてからリスニングとリーディングの勉強をしないと、全く「聞き取り」「和訳」をすることができないからこそ、意味のない勉強になってしまうんですよね!
難しい英文でも、意味を見て理解をすることで、単語と文法の理解ができるんじゃない?
えいこ
ゆうさく
確かに、そうやって勉強をすることで、単語と文法の意味を理解することができるんだけど、それでは凄く非効率だから1ヶ月ではスコアアップするのが難しいんだよね!

 

難しい英文でも、意味を見て単語の理解をしていくこともできるのですが、それですとかなり非効率です。

 

ゆうさく
結局、英文を見て単語と文法の理解をしていくのであれば、最初から単語と文法の勉強に集中した方が確実に効率的なんですよね!
単語と文法を覚えることになるのであれば、集中した方が確かにいいわね!
えいこ
ゆうさく
だからこそ先に単語と文法の勉強をした方が良いということなんです!
なるほどね!だからこそ、先に単語と文法の勉強が必要ということね!単語と文法の勉強を先にすることは分かったけど、なぜ単語と文法の勉強だけでスコアアップが可能なの?
えいこ
ゆうさく
じゃあこれから解説をしていくね!

 

単語と文法の勉強でスコアアップができる理由

では、なぜTOEIC初心者の人が単語と文法だけで1ヶ月でスコアアップができるのか解説をしていきたいと思います!

 

そもそも、英文というのは、単語と文法で成り立っています

 

ゆうさく
単語と文法以外は何も含まれていません。

 

英文は単語と文法で構成がされています。

 

ゆうさく
そして、TOEIC試験はリスニングとリーディングの試験ですが、単語と文法の理解をしているだけで、聞き取りも訳すこともある程度はできるようになるんですよね!

 

まずはリスニングから解説をしたいと思います。

 

リスニングについて

リスニングは、TOEIC600点までは単語だけを聞き取り正解を導いています

 

ゆうさく
TOEIC600点というと、それなりにレベルが高いように感じますが、決して高いということはなく、単語だけの意味をくみ取り、正解を導いています。

 

先ほどの英文で考えてみたいと思います。

 

「An organizing committee was assembled to arrange a farewell party for john , who is to retire in May.」

 

このような英文が流れた時に、一語一句聞き取りをする訳ではなく、単語だけを聞き取ります。

 

「committe(委員会)」

「assembled(集める)」

「farewell party(送別会)」

「retire(退職)」

というように単語だけを聞き取ります。

 

例えば、この単語だけの聞き取りができれば、

「退職の送別会をするために、委員会が集められたのかな?」と理解をすることができるんです。

 

となると、解答欄に、

「Where will be held?(どこで開催されますか?」

という英文があれば、「正解かな?」と思い、正解を導くことができるんです!

 

ゆうさく
正直、TOEICで600点を取るまでは、単語だけを聞き取ればスコアは取れます。
意外にそうやってスコアが取れるのね!
えいこ

 

TOEIC試験自体も、全ての英文が聞こえなくても、単語だけを聞けば正解するように構成されています

 

ゆうさく
全ての英文を聞かないとスコアが取れない試験であれば、最初の内はリスニングが0点になってしまいますからね!
確かにそうね!
えいこ
ゆうさく
段階的にスコアが取れるようにTOEIC試験は構成されているので、単語を聞き取るだけでもスコアが取れる訳なんだよね!

 

なので、TOEIC初心者の人が1ヶ月の勉強でスコアアップを目指すには単語の勉強で大丈夫ということなんです!

 

リスニングに関しては単語だけで大丈夫です!

 

リーディングについて

次はリーディングについて解説をしていきたいと思います。

 

リーディングは単語と文法が必要です。

 

ゆうさく
単語だけですと、意味を正確に理解することができないため、正解を導くことが難しくなります。

 

こちらも先ほどの英文で考えてみたいと思います。

 

「An organizing committee was assembled to arrange a farewell party for john , who is to retire in May.」

 

この英文には複数の文法が入っています。

 

「was assembled(受け身)」

「to arrange(to 不定詞)」

「who(関係代名詞)」

と3つ入っています。

 

これらの文法をしっかりと理解していないと、意味を正確に訳すことができなくなる訳です。

 

ゆうさく
例えばこの英文を文法理解を全くしていない場合の訳し方はこのようになってしまいます。

 

「準備委員は5月にジョンの送別会を開催した」

となってしまいます。

 

では文法を正確に理解していると、

「5月に退職するジョンの送別会を手配するため、準備委員が集められた」

 

となります。

 

ゆうさく
意味が似ているようで、違う意味になります。
似てはいるけど、確かに違う意味になるわね!
えいこ
ゆうさく
時制がマッチしていないから、違う意味になっちゃうんだよね!

 

文法を正しく理解していないと、間違った訳し方をしてしまうので、正しい回答を選ぶことができないんですね!

 

ゆうさく
だからこそ、リーディングに関しては単語と文法を理解する必要があるという訳です。

 

そして、単語と文法を理解すれば、ある程度の英文を訳すことができるようになるため、1ヶ月の勉強でもスコアアップを目指せるという訳です!

 

ゆうさく
以上が単語と文法の勉強だけでスコアアップができる理由です!
なるほどね!良く分かったわ!単語と文法の勉強は分かったけど、1ヶ月間はどのように勉強をしたらいいの?
えいこ
ゆうさく
じゃあこれから1ヶ月間の勉強の進め方について解説をしていくね!

 

1ヶ月間の単語と文法の進め方

ではこれから、TOEIC初心者が1ヶ月で単語と文法の勉強をする進め方について解説をしていきたいと思います!

 

ゆうさく
ちなみに、もし1ヶ月で一気にスコアアップを目指したいのであれば、1日2時間の勉強がオススメです!

 

結局は、「勉強時間=TOEICスコア」なので、勉強時間が多ければ多いほど良いです。

 

ゆうさく
なので、理想としては1日2時間ですが、2時間の確保が難しいということであれば、1日1時間でも大丈夫です。

 

では単語と文法をどのように進めていくのか解説をしていきます。

 

単語の進め方

まずは単語です。

 

単語はとてもシンプルです。

 

単語をひたすら暗記して覚えていくだけなので、勉強方法は難しいものではありません

 

ゆうさく
しかし、効率的に勉強をしていかないと、勉強をした割には覚えていないということも起きますので、効率的な暗記方法をお伝えしたいと思います。

 

ちなみに、TOEIC800点を取るまでに必要な単語は1,500語あります。

 

ゆうさく
1,500語を全て1ヶ月で覚えることは不可能なので、1ヶ月で覚えられる単語だけ覚えます。

 

また、単語は暗記をしないと意味がありません

 

単語を暗記するからこそ、TOEIC試験でスコアを取れる訳なので、しっかりと暗記をする必要があります

 

ゆうさく
そして、暗記をするのにとても効率的なのは、1日200単語を6日間連続して勉強をすることです。

 

毎日200単語の勉強をするにも、毎日新しい単語で勉強をしていては、全く暗記をすることができません

 

同じ200単語をひたすら繰り返し勉強をすることで、200単語を完璧に暗記することができます

 

ゆうさく
その上では、同じ200単語を6日間連続して勉強をした方が確実に暗記ができます。

 

そして、次の週には次の200単語を勉強するという感じです。

 

ゆうさく
なので、1ヶ月で考えると1週間で200単語なので、4週間で800単語を覚えることが可能です。
結構覚えることが可能ね!
えいこ
ゆうさく
800単語を覚えることができれば、600点に到達するレベルの単語力なので、1ヶ月でも結構力がつくよ!

 

このように6日間連続して200単語を勉強することで、しっかりと暗記をすることができます。

 

ゆうさく
ちなみに、ポイントとしては、単語を覚える時は本を利用して目で見て覚えるのではなく、耳で聞いて単語を暗記することがオススメです。

 

先ほどもお伝えした通り、リスニングは単語を覚えていることで正解を導くことができます。

 

リスニングの問題なので、あくまでも単語の聞き取りができなければ意味がありません

 

そのため、単語の聞き取りができるように、単語を耳で聞いて暗記をしていく方が、リスニングとリーディングの両方で役に立ちます

 

ゆうさく
だからこそ、単語の暗記は耳で聞いて勉強をすることがオススメという訳です!

 

なので、冊子の単語帳よりも、スマホアプリなどの発音を聞きながら勉強をする方がオススメです!

 

まずは単語はこのようにして勉強を進めていくことになります。

 

文法の進め方

続いては、文法の進め方です。

 

文法は

「品詞の理解」

「穴埋め問題」

を勉強する必要があります。

 

文法の勉強と言われても、何を勉強したらいいのか分かりづらいのですが、この2つで大丈夫です。

 

ゆうさく
TOEIC初心者の人は品詞の理解ができていない人が多いため、まずは品詞を理解する必要があります。

 

品詞の理解はとても簡単で、

「過去形、現在形、未来形などの時制」

「仮定法」

「関係代名詞」

などの分法の用法を理解していきます。

 

最初は知識を身に付ける勉強になるのですが、用法をしっかりと覚えていくことになります。

 

文法の品詞は多くはないため、2週間勉強をすれば理解はできると思います

 

ゆうさく
この2週間は、一度理解をして終わりにするのではなく、理解ができるまで何回も繰り返し勉強をすることが重要です!

 

繰り返し品詞の勉強をすることで、完璧に文法の意味を理解することができますので、とても重要です

 

そして、文法の品詞を理解したら、穴埋め問題を解いてより完璧に仕上げていきます

 

そもそもTOEIC試験はpart5(短文穴埋め問題)とpart6(長文穴埋め問題)は文法穴埋め問題も出題されます。

 

穴埋め問題を勉強することで、part5とpart6のスコアが取れることに加え、文法を完璧に理解することができるので、文法穴埋め問題はとても意味のある勉強です。

 

文法穴埋め問題も2週間勉強をすれば、それなりに知識を身に付けることができるため、英語を訳す力が付きます

 

このように、1ヶ月間は、文法の品詞理解2週間、文法の穴埋め問題2週間の勉強をするということです!

 

ゆうさく
以上がTOEIC初心者が1ヶ月で勉強をする進め方になります!
これだけ勉強をすれば、確実にスコアアップが見込めそうね!
えいこ
ゆうさく
事実としてスコアアップができるから、ぜひ取り組んでね!

 

まとめ

以上がTOEIC初心者の人が1ヶ月でスコアアップする勉強方法は?についてでした。

 

TOEICは順序よく勉強をすれば、必ずスコアアップが見込めます。

 

基礎⇒応用という勉強の順番が重要なのですが、1ヶ月だけであれば、基礎を学ぶことに注力をすることが大事です

 

ゆうさく
そして、基礎は単語と文法ですが、この2つを1ヶ月で集中的に勉強をすれば、確実にスコアアップが可能です!

 

600点は十分に目指せると思いますので、ぜひ頑張って下さいね!

 

よく読まれている人気記事

公式問題集21
TOEIC試験に公式問題集だけで初心者が挑むことは可能?

TOEIC公式問題集   「TOEICのスコアアップを目指しているけど、公式問題集だけで大丈夫?」 「TOEIC初心者の人は何を勉強しているの?」   TOEICの勉強をこれから開 ...

2
TOEICのリスニング力を上げる方法は!?最短でアップする方法を解説!

「TOEICのリスニング力が向上しない!」 「どうやったらリスニング力を向上できる?」   TOEICの勉強をしている中で、「TOEICのリスニング力を上げる方法は!?」について、あなたはこ ...

3
TOEICのリーディングが伸び悩んでいる人必見!伸ばす方法は?

「TOEICのリーディングが伸びない!」 「TOEICのリーディング向けの勉強が分からない!」   TOEICの勉強を進めている中で、「TOEICのリーディングが伸び悩んでいる」について、あ ...

スコアアップ4
TOEIC500点から700点へスコアアップする方法は?勉強期間は?

「TOEIC700点を目指したい!」 「TOEIC500点から700点へスコアアップする本当に正しい勉強法は?」   TOEICのスコアアップを目指している中で、「TOEIC500点から70 ...

-初心者向け
-, ,

© 2020 STUDY online Powered by AFFINGER5